焼却・破砕フロー図【那須総合リサイクルセンター】

焼却・破砕フロー図【那須総合リサイクルセンター】
  • 1 1

    1 破砕処理施設 / 廃油・廃酸受入タンク

    廃プラ類・紙くず・木くず・繊維くず等の廃棄物を焼却処理可能にするため破砕処理を行います。/ 回収を行った廃油・廃酸について受入タンクへ受入を行います。

  • 2

    2 廃棄物ピット

    破砕処理を行わない廃棄物と、(1)にて破砕した廃棄物とを併せて、廃棄物ピットへ一時格納します。ピットより投入ホッパーを使用して焼却設備へ廃棄物を投入します。

  • 3

    3 感染性産業廃棄物 保冷庫・投入機

    感染性産業廃棄物(注射針・メス・ガーゼ等、接触に際し危険を伴うもの)に関しては、密封された容器のまま開封せず自動的に焼却施設へ投入されます。一時保管時に温度管理が必要な場合に備え、保冷庫も完備されております。

  • 4

    4 ドラム缶移送装置

    ドラム缶内の廃棄物を手作業で取り出すことなく、自動的に移送・投入を行うことができる装置です。

  • 5

    5 ロータリーキルン

    廃棄物の焼却処理を、高温かつ連続して行うことのできるロータリーキルン装置です。

  • 6

    6ドラム処理室 / 雑缶処理室

    ドラム缶 / その他缶容器(一斗缶等)内の廃棄物を手作業で取り出すことなく、缶に格納したまま投入・処理を行うことができる装置です。

  • 7

    7 廃熱ボイラ・減温塔・バグフィルタ・煙突

    焼却施設より排出される排出ガスの熱を、排熱ボイラを経由し取り出し、発電を行い施設内で再利用しています。その後排出ガスは減温塔にて急速冷却され、ダイオキシン発生を抑制します。最後にバグフィルタ・触媒にて有害物質を除去し、煙突より排出されます。

  • 8

    8 分析室

    廃棄物の回収・受入前に、事前採取された廃棄物サンプルを分析し、中間処理の可否及び方法について調査を行うための施設です。

  • 9

    9 検査室

    廃棄物受入時、事前に分析された結果と相違ないか確認を行うための施設です。分析室での事前確認、及び受入時での直前確認を行い、より確実・安全な処理を行っております。

ページを閉じる